2008年09月29日

捨て上手ですか?

「重いものをみんな捨てると
 風のように歩けそうです」

 
詩人、高村光太郎のことばです。

でも、
少しは重いものを持っているほうが
風に吹き飛ばされることもない、
ということもありますね〜。

私の部屋の掃除と同じ。
「いらないもの」と分かっていても、
「ひょっとしたら、いつか使うかも」
「これは、記念にとっておこう」
・・・って、いつも捨てられず、
「チリも積れば、ゴミとなる」状態に。

モノでも、思い出でも、ヒトでも、
「捨てよう!」って決心しても、
スッパリと捨てられないのが
人間の性分なんでしょうね。

ですから、
人間は、歳をとるにつれて
重みや深みを増すのでしょうね。



posted by 迷える子羊3号 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

プライドが高いばっかりに…

「傷つきやすい人間ほど、複雑な鎖帷子を身に
 つけるものだ。そして往々この鎖帷子が、
 自分の肌を傷つけてしまう。」

 
作家、三島由紀夫のことばです。

鎖帷子(くさりかたびら)って、
鎧(よろい)のようなものでしょうね。

プライドという鎧を身につけ、
外敵から身を守ろうとします。

でも、そのプライドが高いばっかりに、
自分自身が深く傷つくこともありますね。

鎧も武器も身につけず、相手に対する、
勇気がいることですね。

よほど、
自分に自信がないとできないことでしょうね。

鎧を脱ぎ去ってくれる、鎧を脱がせてくれる
そんな、安心して対する人がいる
うらやましいことですね。








posted by 迷える子羊3号 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

女は悪魔に、男は獣に…

「人間は天使でもなければ、獣でもない。だが、
不幸なことに、人間は天使のようにふるまおうと
思いながら、まるで獣のように行動する。」


フランスの数学者,物理学者
パスカルのおことばです。

まったくそのとおり!

天使のように思っていた人が、
突然、悪魔に変身したり…。
(特に女性! 男性の場合はケダモノに変身?)

獣のような人が、天使のような一面を見せてくれたり。
(人は外見で判断してはいけません。)

いつも、
心の中で、天使と悪魔が戦っていたりします。
(私の場合、圧倒的に悪魔が強いのですが・・・)

天使:「これ以上食べたら太るからやめておけば」
悪魔:「ダイエットは明日からにして、今日は特別」
そして、獣のように食べ尽くす毎日。。。

・・・って、こういう話ではなかったですね たらーっ(汗)

理性と本能の戦い、
感情と行動が一致しないのが人間でしょうか?



posted by 迷える子羊3号 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

嫌われ役でも裏方でも…

「生きる喜びとは、主役を演ずることを意味しはしない。」

 評論家、劇作家の福田 恒存 
『人間・この劇的なるもの』より。


劇作家らしいことばです。

主役に向いているの人もいれば、
脇役として力を発揮する人もいますね。

敵役、通行人、裏方、観客…
それぞれが、役割をきっちり果たして
「劇」が成り立つ。

主役で生きがいを見いだせない人もいれば、
脇役で生きる喜びを見出す人もいる…

自分の特性を見極めて、
その役に徹することも大切かもしれませんね。

でも、
自分の中では、だれでも自分が主役。
リハーサルのないたった一度の人生劇場で、
思うがままに主役を演じましょう!





posted by 迷える子羊3号 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

人生、あきらめが肝心!?

「諦めるということは便利な言葉である。
  が、卑怯な言葉で、また恐ろしい言葉である。」

 
作家の野上弥生子のことばです。

「諦める」=「執着しない」と考えると、
潔いことのようにもみえますが、

途中で苦しくなって投げ出す時には、
確かに便利な言葉ですね。

自分をごまかすことにもなります。
簡単にあきらめていたら、
目的地までたどり着けませんし。

「何事も諦めが肝心」
飽きっぽい私が、
無意識によく使っていることばです・・・(反省)





posted by 迷える子羊3号 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

こすられなくっちゃ…

「人間はな、人生というトイシで、ゴシゴシ
 こすられなくちゃ、光るようにはならないんだ。」


山本有三の作品『路傍の石』より 


どんな人でも、磨けば光る原石なのでしょうね。ぴかぴか(新しい)
磨かれているうちに、その人特有の輝きを増してくる。

やっぱり、苦労した人は、光輝いて見えるものです。

擦り減っていくことを恐れてはいけません。
自分自身を磨きましょうexclamation

「付け焼刃」では、磨けば地が出て、
すぐに正体がバレるでしょうし。

ゴシゴシこすって、脂肪を減らしたい
メタボのこのお腹…ふらふら


posted by 迷える子羊3号 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

真っ暗やみの中でも…

「生きられますよ。きっと生きる道がありますよ。
 どこまで行っても人生にはきっと抜け道がある
 と思うのです。」


 小説家、北条民雄のことばです。

真っ暗闇の中でも、目が慣れてくれば、
ぼんやりとまわりが見えてきます。

どこかから風が吹いてきて、
どこかにかすかに光が見えて、
抜け道がわかりますよ。

あきらめず、あがいたりせず、
しばらくじっとしていましょう。

きっと、何かが見えてきますよ。
何かいい考えが浮かびますよ。

posted by 迷える子羊3号 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

こんな時の慰めは…?

「『一病息災』という言葉があるが、
あれは健康な人間が病人を慰めるための
言い方に過ぎないと私は思っている。」


作家、吉行淳之介のことばです。

病気に限らず、悲しんでいる人、悩んでいる人に
かける、慰めの言葉ってそんなものでしょうね。

病気も悲しみも不幸も、その人の辛さは、
当人にしかわからないものでしょうね。

へたな慰めのことばをかけられて腹の立つことも。
そして、腹を立てた自分に自己嫌悪に至ったり。

慰めのことばって、難しいものですね。

相手の悲しみ苦しみの程度や状況、相手の性格など、
よ〜く考えてことばを選ばないと逆効果になる時も。
同情されたい人、同情されるのがイヤな人もいますしね。

何も言わないことが、慰めになることもあるでしょうし。

posted by 迷える子羊3号 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

「人生のパスポート」

「この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。
行きはあるが帰りはない。この旅でさまざまな人と
道中道づれになる。それらの人と楽しくスムーズに
やっていくには『人生のパスポート』が大切だ。
それはお辞儀と挨拶である。」


 作家、吉川 英治 の言葉です。

 心のこもったお辞儀や挨拶は、
 さわやかな気分にしてくれるものですね。

 挨拶だけで、その人の今の気分が
 わかったりします。

 いつもは、儀礼的なお辞儀なのですが、
 自然に頭が下がるお辞儀をしたくなるような
 人に出会うと幸せな気持ちになります。

「お別れする時に、自然に頭が下がりました。」
 最高のほめ言葉かもしれません。

 お茶を出していただいた方に一言、
「お茶、美味しかったです」
 こういう挨拶もうれしいものですね。

posted by 迷える子羊3号 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

あと10年若ければ…

「私も青春の頃を懐かしみ、若い人を羨むことはあるが、
しかし、もう一度若くなって世の中を渡って来なければ
ならぬと思うと、何よりもさきに煩わしい思いがする。」


小説家、正宗白鳥のことばです。

「あと10年若ければ・・・」と思うことはありますが、
「10年前に戻って、同じ道を歩め」
と言われればお断りです たらーっ(汗)

「10年前にもどって、別の道を歩め」
と言われれば、ちょっと心が動きますが・・・目

それに、
子ども時代は懐かしいですが、今の時代に、
「子どもに戻って生きろ」と言われてもお断りです ふらふら

自分の生きた古き良き子ども時代の思い出を
壊したくないですから ぴかぴか(新しい)

人間って、自分の人生にぶつぶつ不平不満を
言いながら生きていたとしても、今までの自分の
生き方に結構満足しているものなのかもしれません るんるん

明日に大きな期待を持って、
明日にちょっぴり不安を感じながらも、
明日に何が待ち受けているのかわからないから、
今日を生きていけるのでしょうね わーい(嬉しい顔)


posted by 迷える子羊3号 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

お先真っ暗!でも目が慣れてくれば…

「生きられますよ。きっと生きる道がありますよ。
どこまで行っても人生には、きっと抜け道が
あると思うのです。」


小説家、北条民雄のことばです。

真っ暗闇の中でも、
目が慣れてくれば周りが見えてきます。

どこかから風が吹いてきて、
どこかにかすかに光が見えて、
出口がわかりますよ。

あきらめず、あせらず、
しばらくじっとしていれば
何かが見えてきますよ。
何かいい考えが浮かびますよ。

posted by 迷える子羊3号 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。