2008年06月26日

自分に自信が持てない…

あなたは自分の行動や判断に自信を持っていますか?

もしあなたが自分の行動や判断に
いまいち自信が持てていないなら
少し時間をとってこれを読んでみてください。

仕事、恋愛、人間関係、趣味・・・

日常生活で自信が必要な場面は
あらゆるところに存在します。

すごい自信家の人も中にはいますが、
普通は自信のない人がほとんどじゃないでしょうか?

それは、子供のころから培われてきた
「失敗=悪いこと」
という概念に原因があります。

こういう概念で育ってきた結果、
極度に失敗を恐れるようになります。

そして、人間何か新しいことにトライしようとすると、
だいたい、「最初は」うまくいかず失敗に終わって
しまいます。

だから、私たちは普通に生活していると、
どうしても自分はダメな人間、できない人間だと
思ってしまいがちです。

こうして自分の評価を下げていった結果、
どんどん自信を失ってしまい、
やがて、やる気を失ってしまいます。

また、他人から見るとすごい成功にも関わらず、
自分にとっては割と普通のことなので、
せっかくの長所にもあまり目が向かないことも
よくあるでしょう。

だから、自分の長所を正しく把握し、
短所や失敗をあまり気にしないようにする
心の持ち方が大事と言えます。


もし、あなたが自分にいまいち自信を持てないなら
まずは自分の長所を探すことから始めてみましょう。

この無料小冊子にはある形成外科医が発見した、
あなたの自信を取り戻すための秘密が書かれています。

自信を取り戻して、エネルギッシュな人生を送りたい方は
 ↓ ↓ ↓
この無料の小冊子をチェックしてください。

PS.
小冊子の配布はいつ終了するかわからないので
なくなる前にチェックしてくださいね。
posted by 迷える子羊3号 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

見下ろされると腹が立ちます!

「人間というものは、城の櫓の上や、
高い山の上から見下ろされても気にしない。
が、二階家から見下ろされると、見下ろされる
ことがよくわかるので腹をたてる。
やがてはその二階家にいる人間を憎むようになる。」


戦国の武将、寺沢広高のことばです。

みごとな譬えです!

確かに、
手の届かないような人から見下されても
「仕方ないな〜」と思うものですが、
身近な人から見下されると、ついつい
腹が立つものです。

石を投げて届く距離、
腕を伸ばして届く距離なら
ケンカにもなりますが、
それ以上だとどうしようもないから
諦めてしまいますね。

二階家のはしごを外してやりたくもなります。



posted by 迷える子羊3号 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

愛がなくても生きられる!?

黒ハート
「愛が信じられないなら、
 愛なしで生きてごらん。

 世の中が信じられないなら、
 世の中を信じないて生きてごらん。

 人間が信じられなかったら、
 人間を信じないで生きてごらん。

 生きるということは、恐らく、
 そうしたこととは別ですよ。」

 
作家の井上靖のことばです。

 そうですね〜

「人は愛なしでは生きられない」
 とか、よく言われますが、
 食べるものがあれば生きていけます。

 お腹すいたぁ〜、もうお昼かぴかぴか(新しい)




posted by 迷える子羊3号 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

明日はきっといいことが!

「明日のことが分からないということは
人の生きる愉しさをつないでいくものだ。」


 詩人,小説家の室生犀星のことばです。

推理小説の結末が途中でわかってしまえば、
それ以上読むのがつまらなくなるものです。

予想通り、予定通りにいかないから、
そして、
予想外のことが起きるから、
明日に期待して生きていけるのでしょうね。

明日、どんな悲劇が起きる運命にあっても、
それを知らないから、
今日を生きていけるのでしょうね。

posted by 迷える子羊3号 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

小銭を拾って歩けば…

「小さな幸せをたくさん集めましょう。
大きな幸せがそうたくさんあるとは思えません。
たくさんの小さな幸せを身近に拾ってご覧なさい。
大きな幸せになりますよ。」


 清水 雅(実業家)の言葉です。

一攫千金を狙うのもいいでしょうが、
コツコツと小銭を集めれば、
チリも積もって山となる。

あっ、お金の話ではありませんね。
とっさに、
「幸せ」を「小銭」に置き換えてしまった私は…たらーっ(汗)


posted by 迷える子羊3号 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

「どうしてうちの子は○○○なのっ!?」



有名な詩なので、ご存知の方も多いと思いますが、
ご紹介しますね。


批判ばかりで受けて育った子は、非難ばかりします。
If a child lives with criticism,he learns to condemn.

敵意にみちた中で育った子は、だれとでも戦います。
If a child lives with hostility, he learns to fight.

ひやかしを受けて育った子は、はにかみ屋になります。
If a child lives with ridicule,he learns to be shy.

ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしているような気持ちになります。
If a child lives with shame,he learns to feel guilty.

心が寛大な人の中で育った子は、がまん強くなります。
If a child lives with encouragement, he learns to be patient.

はげましを受けて育った子は、自信を持ちます。
If a child lives with praise, he learns to have confidence.

ほめられる中で育った子は、いつも感謝することを知ります。
If a child lives with fairness, he learns to appreciate.

公明正大な中で育った子は、正義心を持ちます。
If a child lives with security, he learns justice.

思いやりのある中で育った子は、信仰心を持ちます。
If a child lives with fairness, he learns to have faith.

人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大事にします。
If a child lives with approval, he learns to like himself.

仲間の愛の中で育った子は、世界に愛をみつけます。
If a child lives with acceptance and friendship,
he learns to find love in the world.

作・ドロシー・ロー・ノルト/訳・吉永 宏

『子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart 』
ドロシー・ロー・ノルト (著),  
石井 千春 (翻訳), 武者小路 実昭 (翻訳)
PHP文庫 (PHP文庫) (文庫)

『アメリカインディアンの教え』加藤諦三
にも収録されていますが、



posted by 迷える子羊3号 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

私の三日坊主の原因は・・・!

「心が変われば態度が変わる。
態度が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。」


蓮沼文三 (修養団 創立者)の言葉です。

まずは、心がけが大切なんですね。

いい方にプラスイメージで考えていると、
態度も積極的になるでしょうね。

悲観的なマイナスイメージで考えていると、
態度も消極的になるでしょうね。

心が変わらないのに、
態度や習慣を変えようと思っても、
三日坊主で終わり、ですね。



posted by 迷える子羊3号 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。