2007年09月30日

[ [ 「えっ、なんのこと?」

・・・ところで

私が、会社に入社して新人のころ
上司の指示通りに仕事をしないで
トラブルを起こしました。

そのときは、さんざん叱られました。
かなり、へこみました。

その日の退社時に
もう一度、その上司のところに
謝りにいきました。

上司は、にこにこしながら

「えっ、なんのこと?」

もう、涙がでそうになりました。

私も、この手をよく使うようになりました。

これは、子育てなんかにも使えるかもしれませんね。

叱られて反省しているようだったら
いつまでも、くどくどと説教しないで
この一言が効果的かも。

ただし、
「さっきは、ごめんなさい」
と、言ってこない限り、
この手は使えませんが。
posted by 迷える子羊3号 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

いらぬおせっかい


「ありがた迷惑」

「いらぬおせっかい」

ある人が、私のためを思ってしてくれたことを
そんなふうに思ってしまう時がありますね。

私が、ある人のために良かれと思ってしたことでも
よ〜く考えると
「これはよけいなことだったかもしれない」
って、あとから反省することも多いですね。

あちこち探し回って選んだ、
心をこめて送ったプレゼント

「これいいよ〜」って
勧めたり勧められたりした
本や映画や音楽

相手の好みや考え方は十分わかっていても
失敗するときがあります。

ほんとに難しいものですね。
posted by 迷える子羊3号 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

運動会で学校を選びました

・・・ところで

運動会のもう一つの思い出といえば

親が忙しくって、あまり見に来てくれなかったこと。
足が遅いんですから、見に来てもらわないほうが
確かにありがたかったのですが、
問題は、お昼のお弁当のとき。

校庭で、家族といっしょにお弁当を食べる。
私は、同じような状況の子らと、
一つの教室でぼそぼそと食べる。
あの寂しさは今でも思い出します。

でも、
近所の友達のお母さんが
「いっしょに食べよ」とか言ってくれたときは、
涙が出るほどうれしかったことも覚えています。

こんなときに、人の優しさが身にしみるんですね。
そういう体験をすると、自分が他人にやさしくできます。
他人の心がわかるようになります。

また、
一人ぼっちで食べる寂しさや悲しさは
ひとつの成長のバネにもなりますね。

今の運動会
親と子が別々に昼食をとる学校が増えています。

親が来られない子どものためを思ってでしょうが、
そういう経験から、そういう経験から学ぶことの
方が、ずっと多い気がします。

そういう機会を、子どもから奪っているというのは
どうなんでしょうかね?

私、こどもの小学校を決めるとき、
この運動会の昼食のことを第一に考えて選びました。
こういうところに、その学校の教育方針が見えたり
するものなんです。
posted by 迷える子羊3号 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

運動会!奇跡は起こらず・・・

・・・ところで

秋は
運動会シーズンですね〜。

私は、足が遅かったため、
あまり楽しい思い出はありません。

走る前から、順位が決まっているようなものだったからです。
前を走る子が、転んでくれるか、途中棄権してくれない限り、
順位が変わることはありません。

そういう奇跡は、一度も起こることはありませんでした。

足が遅いというのは、大きなコンプレックスでしたね。

中学になって、
長距離でそこそこの成績を残せるようになって
短距離が苦手というコンプレックスはなくなりましたが。

やっぱり、
コンプレックスの克服法は
「この点では劣っているが、この点では優れている」
という。その優れた点を見つけ出すことでしょうね〜。

そうすれば、劣っている点が、
少しは気にならなくなりますからね。

運動会の話、明日へ続きます。
posted by 迷える子羊3号 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

どこまで負け続けるの?・・・

「一歩後退、二歩前進。」

ロシアの政治家レーニンのことばです。

2勝1敗で生きていく、こういう手堅い人生もあれば、
10連勝して6連敗する、どこかの球団のような
豪快な?生き方もあるのでしょうね。

勝つときには大勝ちして、
負けるときは大負けするような人生もいいかも。
100勝99敗!最後に勝ち越せばいい? 

ところで
後退の一歩と前進の一歩、
その歩幅は同じでないのかもしれませんね。

後退の一歩でその原因を学んで生かせば
前進の一歩は、後退の一歩よりも大きな一歩になる。
「学習」できれば、の話ですが。。。

同じ歩幅で10歩前進するよりも
後退しながら進むほうが、
より大きなステップを踏みですことができる。

小さな川を飛び越えるとき
少し下がって助走をつけるように。

しかし 私、どうも近ごろ、
一歩前進、二歩後退しているような気が・・・たらーっ(汗)
posted by 迷える子羊3号 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

おばさん!ここは電車の中ですよ〜

昔も今も、電車内で
携帯電話よりうるさいもの

小学生や、女子中高生。

それにそれに

おばさんたち!

場所をわきまえす大声での会話。

「ウチの亭主が・・・」
「○○さん、最近・・・」

私は、別に迷惑だなんてちっとも思っていませんよ。
むしろ、聞き耳をたてて、こっそり楽しんでいるくらいですからわーい(嬉しい顔)

でも、電車の出入り口近くに張り付いて
押しても引いても動きそうにないのは
大きな迷惑ですよ。
電車がちょっとでもゆれると、
そのゆれを最大限、増幅させていますよね。
そうして、周りの人の足を踏んだりしますよね。

あっ
電車内の携帯電話のマナーの話から
おばさんの話に脱線してしまいましたね。

まぁ、電車ですから脱線もあり、ということで。。。あせあせ(飛び散る汗)

オバサンたちに、面と向かって言うのコワイがく〜(落胆した顔)から
ここで言いましたたらーっ(汗)

いや〜、電車の中って楽しいですね、
いろんな人を観察できて。
混んでなければですが。。。

あっ、それからついでに。

おばさん方
自転車に乗りながら、携帯電話を使うのは危険ですよ。
ただでさえ、ヨロヨロ運転なのに・・・。


posted by 迷える子羊3号 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

携帯電話のマナーは誰が決めたの?

・・・ところで

その昔、携帯電話がまだ珍しかったころ、
足を組んで ふんぞり返って,大声で話している人を
よく見かけました。自慢したかったのでしょうね〜。

今では、周りを気にしながら携帯電話を使い
こそこそと小声で話していますね〜。

それにしても
電車内での携帯電話のマナー、
ちょっと厳しすぎません?

携帯電話で小声で話している声、
私にはそんなに気にはならないのですが。
寝たフリをして、その会話に聞き耳をたてているときもありますあせあせ(飛び散る汗)

電車内で、小声で会話をするのも、携帯電話で会話するのも
それほど違いはないように思いますが。
普通に会話をしていて、「うるさい」と言う人もいませんし、
言われることもないですね。図書館じゃないんですから。

どうして、携帯電話だけ・・・。

電車内で、携帯電話で会話をすることよりも、
いつでもどこでも携帯電話を使っている
その風潮に反感をもつ人、携帯電話嫌いの人たちが、
マナーにうるさいのではないでしょうか?

有名人かだれかがマスコミかなんかで、
携帯マナーについて厳しいコメントなんかをすると、
「そうだ!そうだ!」
(あの人が言っているんだから、きっと正しいのだろう)
で、流されて同調する人も多いのでは?

日本人って、
他人の意見、多数派の意見に流されやすいですからね〜。

あしたに続く・・・か?

posted by 迷える子羊3号 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

携帯電話の便利な使い方

「話をしたくないなぁ」と思う人が、
道の反対側から歩いてくるのに気づいたときは

さりげなく携帯電話を取り出し、
「ふんふん」とか「あ〜そう」とか
話しているフリをしながら通り過ぎましょう。

すれ違うとき、
「あっ」と、ちょっと驚いたフリをして
にこっとするとか、頭をぺこっと下げるとか
細かい演技をお忘れなく。

以上、
携帯電話の便利な使い方でした。
posted by 迷える子羊3号 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

待ちに待った・・・

・・・ところで

楽しみなことを待っている間は、
時間が止まっているように感じます。
まだまだ先のことのように思います。
文字通り
「待ち遠しい」「待ちに待った!」
ですね。

楽しい時間は、
あっという間に過ぎていきます。

「もっとゆっくり時間が流れてほしい」
「時間が止まってほしい」
と思ったりします。

でも、いつもそうだったら困りますね。

生きていると、
悲しいときやつらいことのほうが
多いんですから。
じっくりと、悲しみやつらさを味わいたくないですからね。
そんなものは、時間といっしょに早く流されてほしいですから。

1分、1時間、1年・・・時間の流れは一定でも
そのときの気持ちによって
短く感じたり、長く感じたり。

長いようで短いのは、人の一生でしょうね。
posted by 迷える子羊3号 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

もう敬老の日は過ぎちゃいましたが。。。

・・ところで

年をとるとワガママになる
人の言うことを聞かなくなる

と、よく言われますね。

それは、頭の柔軟性がなくなる
というのではなく、

今までの人生で経験してきたことが
信念となるからではないでしょうか?

人って、自分で経験したことから学んだことは
忘れないでしょうし、それが身についてしまうもの。

誰にどんなアドバイスを受けようと
経験によってつくりあげられた信念にしたがって
行動する方を優先するもの。
だから、頑固とかワガママとか言われる。

若いうちは、経験が浅いから
自分の中に自分の考えが確立していなくて
周りのものに左右されやすい。
いい意味では柔軟性がある、ということでしょうね。

まぁ、若いうちからワガママな私みたいなのもいますがたらーっ(汗)

経験を積むと、
どんなことが起こっても冷静に対処できますね。
ばたばたあわてたりしないものです。

お年寄りの経験と知恵は、「時代遅れ」のものと
一言でかたづけないで、敬意をはらい学びたいものです。









posted by 迷える子羊3号 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

人間もリサイクルの時代!

・・・ところで

牛乳パック、新聞紙、空き缶、空きビン・・・
み〜んなリサイクルの時代ですね。

人間も
リサイクル!

まだ使える臓器は、誰かに使ってもらいたい。
全部燃やして灰にしてしまうくらいなら・・・。

そんな気持ちで、
臓器提供意思表示カードを持ち歩いています。

コピー機は、リサイクルトナーの時代!
人間もまた、リサイクルドナーの時代?

さきほど、ネットを見ていると、
こんな広報が目につきましたので・・・
http://health.yahoo.co.jp/column/transplant/index.html
posted by 迷える子羊3号 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

そこまでするか!保育士さん

これは、知り合いの保育士から聞いた話なんですが・・・

ある高級住宅街の中の保育園、

園児は、とうぜんお金持ちのご家庭の
おぼっちゃま、お嬢さまが多いらしく
身につけているもの、持ち物もすべて
高級ブランド品。

タオルやハンカチ、お弁当袋までも。。。

お母さんたちは、もちろんブランド品の
競い合い?

そこの園長をはじめ保育士のみなさん、
韓国まで集団でニセブランドものを
買いに行ったそうです。

保護者に対する対抗意識なのでしょうか?

ニセブランドというところが
ちょっと切なく悲しいですね。


ニセモノではなく、本物を値切って
買う方法があるそうです。
保育士さんたちにも教えてあげたかったです。
【広告代理店が初めて明かす!】ルイ・ヴィトンジャパン正規店・全国53店舗で、新作商品を始め、人気ヴィトンが【なんと、5%〜50%引きで購入できる方法】
彼女にプレゼントしたいけど、生活が苦しい男性の方にも
朗報かもしれませんね。


posted by 迷える子羊3号 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

心のお手入れも大切でしょうね

きのうの続きなんですが、

見た目の美しさだけでなく
内面の美しさも

お手入れすることで磨かれる
といえるでしょうね。

欲望、怒り、憎しみ、自己チュー・・・
本能のままにふるまうと
周囲と摩擦を起こします

理性で本能を押さえる
感情をコントロールする

う〜ん、内面を磨くほうが
外見的な見栄えをよくするよりも
はるかに難しいですね。

ちゃちゃっと簡単にできる
心の化粧品ってないですかね〜。

でも、内面って
年をとるにつれて、
人生でもまれているうちに
化粧がうまくなり
どんどん厚化粧になっていくのかも・・・。

素顔にもどれる人やものに触れたとき
素顔にもどれるその時間に
心の安らぎを感じたりするのかもしれませんね〜。


「どうも心のお化粧がうまくいかない」
とお悩みの方は、こちらが参考になるかもしれませんね。
         ↓

ST3M-5千人にカウンセリング・研修してきたプロカウンセラーの究極の自分理解・人生改良法「セルフカウンセリング完全マスター」3回メール相談付





posted by 迷える子羊3号 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

自然も人間もお手入れが大切!?

・・・ところで

自然って美しいですか?

空き地に雑草が生い茂っているのを見て
美しいと思いますか?

京都の庭園は美しいですね。

自然は、
人間が手を入れて初めて美しくなるのでは。

いかに自然が美しいといっても
野放し状態では見苦しいだけ。

人間が手を入れていない山野は
確かに美しいですね、遠くから見れば。。。

でも、近くに寄ってみると荒れ放題だったり。

富士山がいい例ですね。


人間も、そうかもしれませんね。

土台が自然のままがよくても、
やっぱり手入れをしないと。

遠くから見ると美しくても
近くによって見ると・・・

美しくあるため
美しく見せるためには
自然も人間も手入れが必要なんでしょうね。


・・・ということで、ちょっとCMですたらーっ(汗)

人間のお手入れのためには
こちらなんかいかがでしょうか?

**************************
あのスペシャル【毛穴ケア】化粧品に<美容液ジェル>
新登場!!体験キャンペーン実施中!
★今なら、2000円割引!★

**************************
美肌特集。愛され肌になる方法。
**************************





posted by 迷える子羊3号 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ハラハラドキドキの同居生活!

きょうは
ネタを思いつきませんのでたらーっ(汗)

juku129.jpg

同居犬のコロ & 猫のク〜です。

どちらも捨てられているのを保護し
そのまま居ついてしまいました。

犬コロは、拾った時からこの大きさです。
子犬を拾ったわけではありません。

・・・そうそう、先日書きましたね。
スーパーに行ったとき、私が公園に置き忘れてきて
しまったのが、この犬ですあせあせ(飛び散る汗)

初めてご対面させたときは、
猫犬に食われるんじゃないかと
ハラハラドキドキしましたが、すぐに仲良くなり
いっしょに寝るようになりました。
同じ境遇のせいでしょうかね〜?

生物って、食う食われるの関係でなければ
敵対関係にあっても、仲良くなれるようですね。

食う食われるの関係関係じゃないのに
しかも同類で殺し合うのは
人間だけじゃないですかね〜もうやだ〜(悲しい顔)

この犬猫の同居生活日記は
別のところのブログで書いていました。

ネタ切れのときは、こちらのブログにも
登場すると思います。

posted by 迷える子羊3号 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

最期のことばは「ありがとう」

・・・ところで

もし、
認知症やアルツハイマーなどで
記憶も行動も怪しくなってしまったとしても・・・

これだけは失わないでいたいものは

「ありがとう」ハート

という言葉と気持ち。

最期のとき
親しい人やお医者さんや看護師さんなど
お世話になった人に

「ありがとう」って、言いたいですね。

そのときに、そのことばが自然に出るように
いつも感謝の心をもって生きていたいと思います。






posted by 迷える子羊3号 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

「あぁ〜やる気がおきない」・・・そんな時は

「仕事も家事も何もかもしたくない・・・」

朝からまったくやる気のおきない時ってありますよね〜。

私なんか、もう毎日なんですがたらーっ(汗)
ふとんから出るのもおっくうで、
顔を洗うのもめんどうで、
朝ごはんを食べるのも・・・
これだけはしっかり食べますがるんるん

そういう時
私は何もしません!
ずっとふとんの上でごろごろしています!

・・・というわけにはいきません。

やる気が起きなくて、何もする気がない。
めんどうな仕事であとにまわしたい。
そんな時は
2,3分でできる超簡単な作業をするようにしています。

机の上の整理とか、ササッと掃除するとか、
できるだけ体を動かすことがいいですね。

それを思いつくままに2〜3個します。
時間にしても10分くらいで済みます。

そんな簡単なことでも
やり終えた満足感なのでしょうか
ウォーミングアップになるのでしょうか

おっくうになっている仕事にも
スムーズに取りかかれるようになります。

「やる気がでないな〜」というときは
ぜひ、お試し下さい。

私にとって、
このブログを書くことは
一日の始まりの、いいウォーミングアップになっています。
ネタがないときは、かえってつらいものですが・・・。




posted by 迷える子羊3号 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

万引きと窃盗,どちらの罪が重い?

まだ昨日の続きなんですが・・・たらーっ(汗)

昔、私は毎日、往復20kmを自転車で
通勤していました。
20km×300日として、1年で6000km・・・
日本列島を往復できる距離。
丸5年間で、3万キロ!

「そんなに太もも鍛えてどうすんの?」
と、言われながら雨の日も風の日も通いました。
そのせいが、5年間、カゼ一つひきませんでした。

1年でタイヤが磨り減って交換です。
自転車さんに頼むと、8,000円
パンク修理代なんか入れると1万円。

ディスカウントショップなら
新車が買えちゃいますね。

自転車って安くなりましたね〜。
ですから、
気軽に乗り捨てや放置や窃盗が起こるんでしょうね。

でも、5年10年と乗り続けると、愛着がわくものです。
私の自転車、勝手に左に曲がるクセがありました。
(油切れが原因だったようですが)

自転車に限らず、ボールペン1本でも本1冊でも
お金を払って自分の所有物になったモノには、
愛着がわきます。
そのものに思いがこもったりします。
だれかにプレゼントされたものだったらなおさらです。

それを盗まれるということは
それを盗むということは
その所有者の思い出まで、
盗まれたり盗んだりすることですよね。
お金では買えないものまでも。

モノは、いったん誰かの所有物になったら
その代金以上のもの
お金では買えない価値が宿る
こともありますよね。

気軽に人のものを拝借して返さない人には
そこのところ、よ〜く考えてほしいと思います。

万引きは、商品に価格の価値しかないですね。
店の人の思いがこもっている場合もあるし
生活もかかっているでしょうが。

最近、万引き犯が捕まって死亡したり重体になったりする
事件がありましたね。店員さんの気持ちもよ〜くわかります。
店員をやってたことがありますから。ほんと腹がたちます!


窃盗は、そのモノだけでなく人の思い出まで盗んでしまう。

万引きと窃盗。もちろん、どちらも許せない犯罪ですよね。

でも、私にとっては
窃盗のほうが、はるかに罪が重いし
許せないことなんです。

きょうは重〜い話題になりましたねたらーっ(汗)







posted by 迷える子羊3号 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

とり頭 VS フェンス泥棒

・・・そうそう

泥棒といえば・・・

アルミフェンス泥棒がいました。

一度にごそっと盗むわけではありません。
毎日フェンスの棒を一本ずつ持ち去るのです。

翌朝のために、次の一本のネジを緩めていきます。
それを毎日繰り返していたようです。

それも、端から順番にではありません。
3本おきに、とかです。

確かにしばらくは気がつきません。
私の場合、ほとんどなくなってから気がつきました。

私は、とり頭ですから!
小学1年生の時から算数が苦手でしたから!
べつに自慢することではありませんが・・・。

それに気づいたとり頭の私は
前もって緩めてあったネジを
思いっきり締めておきました。

それ以来、盗まれなくなりました。
といっても、残っているのは、ほとんど外枠だけで
根元がコンクリートで固めてあるので、
持ち去れなかっただけかもしれません。

どうやら、私のお手柄ではないようですたらーっ(汗)

空き屋となった境のフェンスですし、
私の所有物でもないので、なんとも思いませんでしたが
(う〜ん、おみごと!って、少し感心しましたが)

その几帳面で巧妙かつ計画的な手口から考えると
私の自転車の荷台を持ち去ったのと
同一人物だと考えられます。

最近、金属が高値で売買されているようですからね。

みなさんもお気をつけくださいまし






posted by 迷える子羊3号 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

几帳面?な自転車泥棒

・・・そうそう

自転車の話でした。

自転車って、
けっこう盗まれるものですね。

私は、自転車を盗まれたことはありませんが、
サドルだけを盗まれたことはあります。

まったく
趣味でコレクションしている人がいるのでしょうか?

やはり、すわり心地のいい疲れない
サドルは盗まれやすいようです。
お気に入りだったのに。

これは
信じていただけるかわかりませんが、
荷台だけを盗まれたことがあります。

あれって、ネジを外したりして時間も手間も
かかると思うのですが、ご丁寧にネジはきちんと
しめ戻してありました。

几帳面な泥棒です。そのままで結構ですのに、
と、危うく思うところでした。
元通りにネジをしめ戻したら、
気がつかれないとでも思ったのでしょうか?

確かに
荷台がないことに、しばらく気がつきませんでした。

なんかへんだな〜
って感じはしていましたが・・・。

そのまま乗って、自転車を止めようとスタンドを
立てるときに、荷台に手を置きますよね。

手を置こうと思ったら、右肩がっくん!
まるで、ギャグの世界です。

しかし、人間って、周りに何か変化があっても
気がつかないものなんですね〜。

あっ、わたしだけかあせあせ(飛び散る汗)



posted by 迷える子羊3号 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。